オンラインカジノは違法ではなく大人の嗜みができる遊び

オンラインカジノは違法?

日本の国会で法案が提出されては廃案となり、また提出を繰り返しているものの一つにカジノ法案と呼ばれるものがあります。
与野党の議員で賛成すると思われるものが過半数を占めていますので法案成立が秒読みのように思われますが、ギャンブル依存症の方への対応方針など細かいところで詰めるべきポイントがたくさんあり、もどかしい状態が続いています。

候補地も横浜や大阪、お台場などでは誘致合戦が繰り広げられ、仮に法案が出来上がれば今以上に加熱する事でしょう。

そんなカジノ法案を待ちきれない人たちにとっておすすめなのがオンラインカジノです。
カジノ法案が通っていないのにカジノと聞けば違法のように思われがちです。

実際に闇カジノと言われる場所で遊んだ事により逮捕された方もいらっしゃいますし、オリンピック代表候補の中には代表を辞退し、出場停止となったバドミントン選手もいます。

日本の法律ではオンラインカジノは捌けない

正確に言うならば日本では違法ですが、世界ではカジノが違法ではない国もあるという事です。
オンラインカジノも日本でやるならば違法のように思われますが、サービスを提供しているサーバーが海外にあり、海外から日本人向けにサービス提供をしている場合には違法ではありません。

何故ならインターネットに国境という概念はないからで日本人がラスベガスやマカオに行ってカジノをしても罰せられる事がないのと一緒で日本人が日本人向けのサービスとは言え、インターネットを通じて海外のサービスを利用しても日本の法律で裁く事ができないからです。

とはいうものの警察は検察にとっては煙たい存在である事も事実で、過去にオンラインカジノの経営者が逮捕された事がありいろいろ取調べをしていく中で有罪にするために裁判にかけようとしたところ不起訴になったという事実があります。

理由は単純で日本の現行法では裁けないからというのが専らの専門家の評価です。
このように現行法では裁けないため問題ないというのが現状ですが多少グレーなところはあるため、その点については含んでおいたほうがいいでしょう。

ラスベガスで一攫千金って実際目指せるの?

さて、ラスベガスなどでは一夜にして億万長者を夢見て大金をはたくなんて事があり、実際に誕生したミリオネアもいらっしゃいます。
オンラインカジノにおいても本当に稼ぐことができるかどうかが気になるところです。

結論を先に言ってしまえば、そういった方がいらっしゃるのは事実ですが確率論にのっとれば非常に稀な存在で宝くじに当たるようなものととらえておいたほうがいいでしょう。

そのため純粋に大人の遊びを嗜む程度に捉えもし利益がでたらラッキーというぐらいに思っていたほうが健全です。
その点は競馬やパチンコに挑むスタンスと全く同じと考えておくことが健全です。

カードゲームで人気のブラックジャックやバカラ

ゲームの種類にはトランプを使うカードゲームにルーレット、それに麻雀などが有名です。
カードゲームの中でもメジャーなのがブラックジャックやバカラです。

ブラックジャックはディーラーと1対1で挑みます。
トランプの合計の数字が21に近いほうが勝ちというシンプルなものでプレイヤーの持っているカードの数字の合計が21を超えるとバーストといい、負けが確定します。

バカラはバンカーかプレイヤーのどちらが勝つかを予想する同じくカードゲームで、合計の数の1桁目の数字が9に近いほうが勝ちで、とても分かりやすくシンプルではあるもののとてもスリルがありカジノの中でもとても人気です。

カジノといえばやはりルーレット!

やはりなんといってもカジノといえばこれと思い浮かべられるのが多いのがルーレットです。
ある特定の数字や赤か黒に限定して賭ける事ができるなど複数の賭け方があるのでいろんな楽しみ方ができます。

とてもクラシックなゲームですがルールがとてもシンプルであるため初心者におすすめですし、是非知っておきたいものの一つです。

(参考)
オンラインカジノ初心者必見!ルーレットで稼ぐ7つの攻略法

麻雀は雀荘で行うものであまりカジノでやる事をイメージできませんが世界的にも有名なテーブルゲームです。
34種類の灰が4つずつ組み合わせて役をつくって上がるゲームですが、それぞれの役に得点があって、最も高い得点を出したプレーヤーが勝ちとなります。
とりわけアジア圏内では人気が高く、ラスベガスはともかくマカオでは人気のゲームです。

マイルールを策定してその範囲内で遊ぶ

さてこのように楽しみが多いオンラインカジノですが大切なのははまりすぎない事です。
熱くなる事で最初に決めていた金額より多く賭けてしまう事もありますし、その結果想定外の痛手が生じる事があります。

マイルールを策定してその範囲内で遊ぶ事をこころがける事が一番の勝利のコツと言えます。
かの連合艦隊司令長官を務めた事がある海軍元帥山本五十六もアメリア赴任中にバカラに打ち込んでいた事があります。

理由は男たるものギャンブルができなくて度胸はつかないというものですが、いい意味でどきどき感や緊張感を持つ事で、それらが実際のビジネスなどで決断をしなければならないような時でも熱くならずに冷静な決断ができるようになるなどルールを持ってやれば度胸がつけられるという思わぬメリットもあります。